東南アジア研究コース

東南アジア研究コースは、東南アジア地域の政治経済、社会文化および国際関係に関わる諸問題を学際的に研究することを目的としている。主な研究対象は東南アジアやオセアニア地域であるが、その隣接地域についても研究することが可能である。malaysia-1

本研究コースの教育の中心は、東南アジア研究演習である。ここでは、学生は自分の研究テーマ等について発表し、教授陣と討論することで研究の深化を図ることができる。東南アジア研究コースの特徴は、多くの学生が自分の研究テーマの対象国に留学し、そこでの調査等に基づいて修論を書いていることである。こうした理論的研鑽と実証研究の統合が、本コースの伝統となっている。

卒業生の多くは世界各地の多様な分野で活躍しているが、博士課程に進学して研究者となる人も少なくない。

 

You can read this article in : 英語